日本人には心身に厳しい糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットはあくまでも糖尿病患者のためのものであると考えます。

患者が医師の指導のもとで行うなら効果は高いと思いますが、それはダイエットではなく治療です。一般の人が美容などを目的として安易に実行するのはどうなのかな、と思います。
特に、日本人はお米を中心とした食生活になっています。おかずなども主食をおいしくするもの、という考え方です。欧米のように主食なしで肉を食べるような食生活ではありません。また、糖質をたくさん含んでいる根菜類のおかずも、みりんのような調味料も豊富です。日本人が糖質制限をするのは、他の国の人に比べて非常にハードルが高く、ストレスもたまりやすいのではないでしょうか。
お米の量を少し減らす、ということであればいいと思いますが、完全糖質カットは心身ともに無理がきそうです。普通にバランスのとれたごはんを、普通の量だけ食べるのが一番だと思います。

糖質は適量とったほうが健康です。

最近、糖質制限ダイエットが非常にブームです。

特に炭水化物など、糖質が多く含まれているものをほとんどとらずにダイエットされているかたも多いのではないでしょうか。糖質を減らすと体重を減らしやすいというのは事実です。しかし、だからといって、必要以上に糖質を減らすのはよくありません。糖質は脳にとって非常に重要な栄養源の一つであるし、日中、体をしっかり活動させるためには必要不可欠なものです。そのため、ある程度は摂取しなければなりません。特に、朝食や昼食の際は過度に減らさず適量糖質をとるのは必要です。夕食後にあまり活動的なことがないのであれば、夕食時に糖質を減らせばよいのです。ダイエットをしたために不健康になってはよくありません。適量の糖質は摂取するように心がけましょう。