糖質制限ダイエットはコストが心配です。

現在、新しいダイエットとして注目されているのが糖質制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットは主食の米やパンなどに含まれる炭水化物を制限することで、ダイエットを目指すものです。食べたいものは何でも食べてよく、控えるのが主食だけだというのが目新しいと感じています。
肉でも魚でも、おかず類は好きなモノをいくらでも食べて大丈夫というのがこれまでのダイエットにはなかった目新しい点で、食べ物や食べる量を我慢する必要がないので簡単にできそうだなと思います。
ただひとつ問題なのが、コストです。
カップ麺などは安くところが利点ですが、糖質制限ダイエットをすると、麺類なども食べられなくなってしまいます。インスタント麺などはご法度になるため、糖質制限ダイエットにはそれなりの食費がかかってしまいそうで、金銭面の負担が大きくなるため、うまく実践できないでいます。

糖質制限ダイエットは、日本食で補える

平均的な体重の人が糖質制限ダイエットをやる意味があるのか疑問です。

糖質は必要ですし、仮にそれで効果が出てて、体調不良になったり、糖質不足で頭の回転が悪くなったりしたら意味がないです。糖質制限ダイエットをするなら、平均体重よりかなりオーバーしていて病気になりそうなくらい深刻であれば、それぐらいはやってもいいとは思いますが、平均体重レベルの人が糖質制限ダイエットを無理してやって、どこまで理想的な体型になれて、それをずっと継続できるのかと考えるとハテナが付きます。糖質がどうのこうのと考えるぐらいなら、普通に日本人は日本食を食べていれば、そんなに太ることはないと思います。洋食の頻度を減らせばそれでダイエット効果あります。