糖質制限ダイエットには否定的です。

糖質制限ダイエットについて良いイメージは持っていません。

やはり、炭水化物は摂るべきものだと思っています。
私は食事が大好きです。食事するために生きている、ぐらい好きです。そんな私からしたら、食べたいものを気にせず食べるのではなく、食べてはいけないものを気にして食べる食事に楽しさも面白みも見出せません。
それに、友人や会社の人などの付き合いで食事に出掛けるときに、糖質制限ダイエットを理由に、あれこれ食べないという方もいそうなので好きではありません。病気のために糖質制限が必要なのであれば仕方ありません。しかし昨今の風潮を見る限り、不健康に痩せることを目的とした方が多いと思います。ダイエットしたいのであれば、運動して身体を創っていくべきだと思っています。
私は、病気にならない限り一生糖質制限ダイエットに手を出しません。友人が手を出していても止めます。

食べてもOKな糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、母が最初にハマり家族で最近やり始めました。

私自身はまだ始めたばかりなのですが、母は徹底しており1ヶ月程してからするすると痩せていました。このダイエットの良い所は食事自体を無理に抑えなくて良い所です。肉等も食べられるのですごくストレスになるということはないです。私は麺類が好きなのでそこは少し我慢ですが、料理するときにかさ増しする代替食品を見つけておけば問題ないです。例えばご飯の代わりにおからを使用する、麺の代わりに白滝を使用する等です。アルコールはビールからワインに切り替えました。最初に始めた母意外は今の所体重は目に見えて減ってはいませんが、効果がゆっくりでると聞いた事があるので、焦らずに続けて行こうと思います。