過ぎたるは及ばざるが如し?

ジュースやお菓子等の、不要な糖分を制限するのはもちろん良いことですが、主食のお米まで制限するのは行き過ぎな気がします。

炭水化物をメインとする、パスタや麺類、チャーハン等の料理はともかく、本来の和食でバランスのとれた適切な食事さえしていれば、そこで摂る糖質の量くらいなら、むしろ体にとって丁度いいはずだと思います。
料理の甘味は旨味にも通じて、満足感に役立ちますし、お米は食物繊維等の栄養も含んでいます。どうしても体質的に太りやすいなら、白米を玄米に替えるだけでも良いのでは?
実際のところは知りませんが、化粧品にも炭水化物や糖が原料の保湿剤がよく使われているのを見ても、糖質が不足し過ぎれば体の潤いが失われてもおかしくないように思えます。
糖質=駄目と思い込んでしまうのは、問題だと思います。

糖質カットダイエットをしてみて

糖質をカットすると早く痩せるという事を聞いて、前回のダイエットでそれを実践しました。

自身は炭水化物が大好物なので、糖質をカットする事はかなりの覚悟がありました。
私の場合は三食のうち二食は白いご飯、うどん、パスタ、その他麺類で食事をしていたので、完全糖質カットをする事で確かに体重は早く落ちましたが、常に頭の中がすっきりしない感じがありました。

完全に糖質をカットした事で(2週間実践しました)痩せる事は出来ましたが、何だか頭の回転は遅くなった感も否めません。

結果、私には完全に糖質カットをしたダイエットは向かないのかなと感じましたので、1日は一食は糖質を普通に取る食に戻しました。
お陰で頭の回転も戻りぼんやりする事は少なくなりました。