糖質制限ダイエットは成功しやすいと思う

糖質制限ダイエットと言えば、糖質となる炭水化物、ご飯やパスタを食べてはいけないがたんぱく質になる肉やビタミンとなる野菜は食べて良いわけです。私は肉や野菜でも美味しいものはたくさんあるので成功しやすいダイエットだと思います。

よく食べたいのに食べれないとストレスになるそうですが、炭水化物以外は食べれるのでストレスも少ないのではと思います。私は肉が好きなので炭水化物がなくても野菜をおかずにそれだけで食べていけます。

糖質がたんぱく質や、脂質と比べてエネルギーを多く含んでいるので糖質を制限しようといったこの糖質制限ダイエットはストレスもなく、また引き締まった体を目指したいという方にはベストな方法だと私は思っています。

緩くいくなら賛成です??

私も、出来る限り痩せたいと思っている女性の1人です。

実際、今も、している?といえばしてるし、してないでしょ?と言われればしてないかも・・という感じです。白いごはんも大好きだし、今はとてもお洒落になって美味しくなってるパンもあるで糖質の誘惑は沢山ありすぎて、毎日毎日、気をはりつめてやると、爆発してしまって、私の場合ストレス食いしてしまうんですよね。でも、糖質を抑える事で、体重が減る事も知っていますし。だから私の場合は、基本的には夜メインで、やります。それは、糖質制限ダイエットでは、ないかもしれませんが、私の場合、色んな事を考えた結果、これって糖質制限ダイエット?違うんじゃない?くらいが丁度良いんです。私は、その人が、このダイエットは絶対こうやらないと駄目??と思うのには反対です。でも、痩せて綺麗になりたいと思うことば、賛成です!

私の糖質制限ダイエット体験

糖質制限ダイエットに挑戦したことがあります。

私の場合、かなり極端にやりまして、糖質はほとんど取らなかったと思います。その甲斐もあって体重は1週間で3kgほど落ちました。体型も以前より良くなった気がします。
そういう意味では効果があると断言出来るのですが、気になったこともあります。それは頭がボーッとなって仕事でミスをしてしまったことです。あと、とにかく苦しくて3週間続けるつもりが1週間でギブアップとなりました。
私の経験から言えることは、あまり極端に糖分制限をやらないで無理のない範囲で続けていくのが良いということです。続かなかったら意味がないですし、日常生活に支障が出たら本末転倒です。気長にやりましょう。

糖質ダイエットは効果的に痩せられます!

私は今まで様々なダイエット方法を試してきましたが、糖質ダイエットが一番ストレスが少なくて効果的に体重を落とせるダイエットだと確信しております。
ダイエット前は、パンが大好きで毎日最低二個は菓子パンを食べていたので、ダイエット開始時は本当に辛かったです。友達や会社の飲み会でも、なるべく糖質の少ない物を選んで摂取していたので、自然と付き合いも遠退いてしまいました。しかし、結構ストイックに糖質チェックをしながらダイエットに励んでいたら、1ヶ月後には5キロも痩せていました。元々運動するのが好きじゃないので、運動系のダイエットなら絶対挫折していたと思います。糖質ダイエットなら、多少の我慢で済むので過度の食事のストレスもあまり溜まりませんでした。今も糖質を気にしながら生活しているので、リバウンドは全くありません。ダイエットをしている方には、本当にオススメなダイエット方法です。

私はオススメしない糖質制限ダイエット

巷では糖質制限ダイエットが効果も出やすく人気だと聞きますが、私個人としてはオススメしないダイエット方法です。

まず糖質を制限することで全体の栄養バランスが乱れる可能性が大きいからです。糖質を制限するメリットとしては急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑える効果があります。なのでダイエットに向いているとされています。ですが、多くの人はとにかく糖質を抑えようと、炭水化物を極限まで減らすもしくは取らない、栄養よりも糖質を気にする、結果として低血糖や栄養バランスが十分に取れず、お肌トラブルやお通じのトラブルなど色んな面で問題が出てきます。もちろん、栄養バランスをしっかりキープした上で実行できる人であれば問題ないと思いますが、簡単にできるダイエット方法だと思ってするのは間違ってます。太る原因というのは、消費カロリーに対して摂取カロリーが上回っていることと取るべき栄養バランスの問題なのです。まずはそこを踏まえた上で自分にあったダイエット方法を探すのが先ではないかと思います。

糖質制限ダイエット実践してみました

初めまして、40代女性です。よろしくお願いいたします。

3年前ぐらいに糖質制限ダイエット&トレーニングを実践しました。
甘いものが大好きな私には、はじめとてもきついダイエットでした。でもきっととを頑張ってしながらだったので余計に体重の減りは大きかったと思います。
後は晩御飯の炭水化物制限です。こちらも糖質制限になるのでしょう。私は糖質をとりすぎで太っていたのだと思います。私は3人でダイエットを一緒に始めました。私は糖質で、もう一人の方はお酒の量、そしてもう一人の方は塩分です。
みんな3人とも原因が全く違っていて太り方や生活リズムなどすべてが違っていたのです。こんな3人ですが、みんな自分の摂りすぎている原因を少しずつ控えるようにし、意識を変えて個々に頑張るようにしました。するとやはりみんな少しずつですが体重はしっかりと減ってくるようになりました。

糖質制限ダイエットはコストが心配です。

現在、新しいダイエットとして注目されているのが糖質制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットは主食の米やパンなどに含まれる炭水化物を制限することで、ダイエットを目指すものです。食べたいものは何でも食べてよく、控えるのが主食だけだというのが目新しいと感じています。
肉でも魚でも、おかず類は好きなモノをいくらでも食べて大丈夫というのがこれまでのダイエットにはなかった目新しい点で、食べ物や食べる量を我慢する必要がないので簡単にできそうだなと思います。
ただひとつ問題なのが、コストです。
カップ麺などは安くところが利点ですが、糖質制限ダイエットをすると、麺類なども食べられなくなってしまいます。インスタント麺などはご法度になるため、糖質制限ダイエットにはそれなりの食費がかかってしまいそうで、金銭面の負担が大きくなるため、うまく実践できないでいます。

糖質制限ダイエットは、日本食で補える

平均的な体重の人が糖質制限ダイエットをやる意味があるのか疑問です。

糖質は必要ですし、仮にそれで効果が出てて、体調不良になったり、糖質不足で頭の回転が悪くなったりしたら意味がないです。糖質制限ダイエットをするなら、平均体重よりかなりオーバーしていて病気になりそうなくらい深刻であれば、それぐらいはやってもいいとは思いますが、平均体重レベルの人が糖質制限ダイエットを無理してやって、どこまで理想的な体型になれて、それをずっと継続できるのかと考えるとハテナが付きます。糖質がどうのこうのと考えるぐらいなら、普通に日本人は日本食を食べていれば、そんなに太ることはないと思います。洋食の頻度を減らせばそれでダイエット効果あります。

糖質制限ダイエットには否定的です。

糖質制限ダイエットについて良いイメージは持っていません。

やはり、炭水化物は摂るべきものだと思っています。
私は食事が大好きです。食事するために生きている、ぐらい好きです。そんな私からしたら、食べたいものを気にせず食べるのではなく、食べてはいけないものを気にして食べる食事に楽しさも面白みも見出せません。
それに、友人や会社の人などの付き合いで食事に出掛けるときに、糖質制限ダイエットを理由に、あれこれ食べないという方もいそうなので好きではありません。病気のために糖質制限が必要なのであれば仕方ありません。しかし昨今の風潮を見る限り、不健康に痩せることを目的とした方が多いと思います。ダイエットしたいのであれば、運動して身体を創っていくべきだと思っています。
私は、病気にならない限り一生糖質制限ダイエットに手を出しません。友人が手を出していても止めます。

食べてもOKな糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、母が最初にハマり家族で最近やり始めました。

私自身はまだ始めたばかりなのですが、母は徹底しており1ヶ月程してからするすると痩せていました。このダイエットの良い所は食事自体を無理に抑えなくて良い所です。肉等も食べられるのですごくストレスになるということはないです。私は麺類が好きなのでそこは少し我慢ですが、料理するときにかさ増しする代替食品を見つけておけば問題ないです。例えばご飯の代わりにおからを使用する、麺の代わりに白滝を使用する等です。アルコールはビールからワインに切り替えました。最初に始めた母意外は今の所体重は目に見えて減ってはいませんが、効果がゆっくりでると聞いた事があるので、焦らずに続けて行こうと思います。